ーーーーーーーーーーーーーーー

【テンコの漫画とか】

テンコの作品をまとめていきます。 ツイッターでは書ききれない補足を添えて。

バイク

IMG_1040
こちら、フロントタイヤがパンクしました。
空気を入れてみるとものすごい勢いで抜けていくので割と重症みたいです。なので今回はもうこの時点で新しいチューブとバンドを注文しました。タイヤは古いですが山は8割残ってるのでもう少し頑張ってもらいます。



IMG_1041
この長い棒一本でタイヤを支えています。抜きます。


IMG_1042
抜けました。簡単に外れます。下にダンボールを敷いてスポークを保護します。ワイヤー類もウェスを巻いておきます。



IMG_1043
IMG_1044
油や泥などあらゆる汚れでベトベトなので、これから綺麗にします。



IMG_1051
IMG_1049
そうこうしてる間に新品のチューブが届きました。撮るの忘れましたがバンドもあります。

送料込みで
チューブ¥777
バンド¥290

これだけで直します。
合計¥1067です。


IMG_1059
タイヤに取り付ける前にパンクテストです。空気を入れて水に付けると判ります。泡が出なけりゃOKです。



IMG_1054
タイヤを外します。レバーは最低3本欲しいところです。ブレーキディスクが曲がらない様下に木の角材を置いています。パワー。




IMG_1055
パンクしたチューブが出てきました。前のオーナーから中古で買ってから初の交換ですが、これ4回もパンクしてたみたいですね。パッチ修理されています。後輪が心配になる修理歴です。



IMG_1056
今回のパンクの原因が判明しました。根元です。漏れ具合からここかなとは思ってましたが、予想より酷いです。これは修理不可能なので新品のチューブと交換します。



IMG_1050
ちなみにこちらが新品チューブの根元です。全然違いますね。サビもなく綺麗です。



IMG_1057
IMG_1058

バンドも確認します。ちぎれてました。しかも相当古いです。一緒に新品注文しといて良かった……。




IMG_1060
IMG_1061
洗って綺麗にしたタイヤとスポーク、そしてスピードメーターギアボックスです。ギアには新しいグリスを詰め込んでおきます。ここは普段メンテナンスしない所なのでグリスが無くなりがちですが、グリスが無いと直ぐ壊れるのでこの際にメンテします。シールはそのままです。

タイヤの内側もワイヤーが飛び出ていか洗いながら確認します。

普通片方外すだけで良いのですが、全体洗浄・確認したかったので今回は丸ごと外しました。


IMG_1062
新品のバンドをつけます。スポークは内側にもやはりサビがありますね。年数考えると仕方なしです。チューブタイヤなのである程度は無視できます。





IMG_1063
新品のチューブ入れます。普通は先にバルブから入れます。軽く空気を入れておくとグニャっとしないので綺麗に入ります。



IMG_1064
IMG_1065
はめこみます。この時チューブを噛まない様慎重に入れます。

お気付きでしょうか。いつのまにか部屋でタイヤ組んでいます。頭が悪い人は部屋の中でバイクをいじるものなのです。

 


IMG_1066
IMG_1068
外に戻って可動部分にグリスを塗って組み上げていきます。



IMG_1069
最初の汚いドロドロと全然違います。新しいグリスの綺麗なドロドロです。このままズボッとハブ芯棒を入れます。



IMG_1070
貫通しました。ネジ山のグリスをパーツクリーナー染み込ませたウェスで拭き取って綺麗にします。ここが緩むと死んじゃうので油分は取り除きます。




IMG_1071
IMG_1072
ナットを締めたらスナップピンを挿します。これでもしナットが緩んでも簡単には外れません。


後は空気を入れて試走すればOKですが、試走する時ズボン履き忘れてモモヒキで町内走り回った事は内緒です。

以上、ありがとうございました。😃

IMG_1022
こちらHONDAのCB50。1976年製のおじいちゃんバイクです。
小回りもきいて軽くて速いめちゃくちゃ便利なバイクです。公式にHONDAが「ベンリィ」という名前も付けてます。マジです。
エンジンはカブと同系統なので強いです。ちょっとやそっとじゃ壊れません。
ガソリン抜いて83kgしかないので軽いです。
リッター85km走るエコな乗り物です。
純正でメーター90kmまで振ってあります。タコメーターは13000rpmまで回ります。4スト50cc単気筒です。
経年劣化しても普通に平地で80キロくらいは出るんじゃないでしょうか。危ないので出さないですが。
5速のスポーツ走行用らしいです。


その短距離買い物に頻繁に使用しているCB50のウインカーが不調になりました。


左は接触が悪く、右は入れても直ぐセンターに戻るのでずっとウインカーを抑えてないと光らない状態でした。



IMG_0873
IMG_0875
こちらウインカーボックス空けた状態。
この時点で内部の動きがおかしい事に気付きます。



IMG_0879
原因はこの白い樹脂パーツ。
突起部分も削れていますし、裏のレール溝も変に削れ歪んでいます。



IMG_0876
こちら裏。どちらも単純な摩耗です。1976年のバイクなのでどうしようもない部分です。当然の摩耗です。むしろ他が壊れてないのが凄い。
そして




IMG_0877
今回は、プラスチックの中でも似たような固い素材の歯ブラシの持ち手の部分を使います。削れているのがお判りでしょうか。半田ごてで溶かして削り取った部分です。少量で十分です。そしてこれを





IMG_0878
はい。直りました。
盛るのではなく、素材同士を半田ごてで溶かしあって溶接します。そうすると接着剤で付けたより遥かに強いです。反対の突起部分も溶接しましたが、写真撮るの忘れました。
溝が正しく刻まれていれば良いのです。





IMG_0884
グリスを塗って元通り組み込みます。もちろん端子も磨いて汚れも全部落としてます。





IMG_0885
反対側もバラして綺麗にしました。ネジの下にヘッドライトのハイ/ロースイッチがあります。
そのスイッチも取り出して磨いてグリスアップして元に戻しました。
そしてこの上に





IMG_0886
ホーンスイッチが入ります。磨きました。形も少し歪んでいたので修正してあります。




IMG_0888
スイッチ全部組み込んだところです。キレイになりました。この時点でスイッチ類の動作を全て確認しています。






IMG_0890
カバー付けました。これで完了です。
慣れてると一時間かからないと思います。初めて分解した部分ですが30分くらいで終わりました。

プラスチックに関しては、ダイオキシンに注意してください。そう考えると推奨するようなものではないですね。
バイク屋さんに持っていってもこんな事しないので新しい中古部品と交換することになると思います。1976年のバイクですから新品内部部品はもう無いんじゃないでしょうか。頻繁に交換する消耗品でもないので。
ウインカーボックスは安いOEMや汎用品出てるので、純正の見た目にこだわらないのであればそれを買って交換するのが一番良いと思います。

こんな感じで壊れかけたら完全に壊れる前に直して乗っています。
このバイクは15キロくらいでのんびりエンジン音聞きながら走りたいです。周囲に車がいない田舎道路でしかできませんが……。

↑このページのトップヘ