25-sakecoll


コラーゲンもそうですが、食べたものは基本的に胃酸で溶かされた後、腸から成分を分解吸収されます
つまりコラーゲンを食べようが何を食べようが、食べたものがそのまま体内のコラーゲンになる訳ではなく、普通に栄養として吸収されます。

「でもコラーゲン食べたらコラーゲン生成されやすくなるでしょ?」と思うかもしれませんが、そんな事無いみたいですね。
「でも翌日本当に肌の調子が良くなった」これはマジであるそうです。
なぜなら、一説によるとコラーゲンは油分に変換される割合が多めだとかで、翌日顔に油が乗るからですね。
油分が多いと肌がしっとり感じます。

歳をとると油分の生成が減るのでそういう意味では実感できると思いますが、この油分がやっかいです。肌に詳しい方なら直ぐに理解できると思いますが、若い人はむしろ生成されやすいタイプの油分は避けた方が良いのではないでしょうか。ニキビや様々な肌トラブルの原因になります。

結局は普通に健康的な食事が一番という事ですね。
現代科学ではあえてコラーゲンを摂取する意味は非常に少ないと結論付けられています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー