ーーーーーーーーーーーーーーー

【テンコの漫画とか】

テンコの作品をまとめていきます。 ツイッターでは書ききれない補足を添えて。

26-mimikaki

耳かきってハマると抜け出せないんですけど、やりすぎも良くないですよね。
本来耳かきはしなくてもよい事と言われています。皮膚が弱いところなのでダメージを与えると菌が入って化膿するからですね。

耳かきが必要無い理由は、耳垢は自然と外に排出されるからだそうですが、その過程でかゆくなるのでみんな耳かきしたくなりますね。私もそうです。

結局かゆみを抑えられれば何でも良いんですが、綿棒だと押し込んでるみたいだしスプーン形した耳かき使っちゃいます。近年ははちみつ棒のような物もあって、面白いですよね。

お風呂上りにやる方もいますが、耳へのダメージが大きいのでやめた方が良いそうです。すいません。私もお風呂上りにやってしまうタイプの人間です……。

僕は竹の割りばしとか何か棒をよくデザインナイフで削ってやすりがけしてオリジナル耳かきを作ってました。素材としては竹が一番向いてます。

耳かきの事を話すと必ずと言っていいほど耳がかゆくなります。きっとこの文章を読んでいるあなたもそうでしょう。どうぞ耳かきをしてぐっすりお休みください。

25-sakecoll


コラーゲンもそうですが、食べたものは基本的に胃酸で溶かされた後、腸から成分を分解吸収されます
つまりコラーゲンを食べようが何を食べようが、食べたものがそのまま体内のコラーゲンになる訳ではなく、普通に栄養として吸収されます。

「でもコラーゲン食べたらコラーゲン生成されやすくなるでしょ?」と思うかもしれませんが、そんな事無いみたいですね。
「でも翌日本当に肌の調子が良くなった」これはマジであるそうです。
なぜなら、一説によるとコラーゲンは油分に変換される割合が多めだとかで、翌日顔に油が乗るからですね。
油分が多いと肌がしっとり感じます。

歳をとると油分の生成が減るのでそういう意味では実感できると思いますが、この油分がやっかいです。肌に詳しい方なら直ぐに理解できると思いますが、若い人はむしろ生成されやすいタイプの油分は避けた方が良いのではないでしょうか。ニキビや様々な肌トラブルの原因になります。

結局は普通に健康的な食事が一番という事ですね。
現代科学ではあえてコラーゲンを摂取する意味は非常に少ないと結論付けられています。

24-magicpen

別に除光液でなくともアルコールで良いです。布へのダメージを気にする場合はアルコールの方が良いです。そしてドナーとなるいらない布も必要です。溶かしたインクをドナー布に吸わせるためですね。

水性マジックペンで書いたものは消すのは簡単ですが、油性マジックペンはなかなか消えません。
でもそもそもあの黒インクはどうやって液状なのでしょうか、そして描いたら直ぐ乾くのはなぜでしょうか。それは単純にアルコールを主成分とする液体に色を付けているからですね。

成分はアルコール系の有機溶剤なので刺激臭しますし摂取してはいけません。マニキュア除光液はシンナー系が多い事から、昔から油性マジックは除光液で落とせと言われていました。

何故油性ペンなのにアルコール?という疑問は、知っている方には当然なのですが、アルコールは油だからです。
ガラスの上にも描ける油性ペンですが、インク自体が溶剤なので乾いた文字を同じ油性ペンでなぞって急いでふき取ると、古い文字ごと消す事もできます。仕組みは同じですね。

シンナーと聞くとドラッグ系だと勘違いする方もいますが、ただの油です。危険なことには変わりありませんが人間の文明社会には無くてはならないものです。包丁と同じく正しい知識を持つ者が正しく使用すると素晴らしい効果を発揮します。

詳しくはゼブラの公式HPへ行くと書いてます。プロの書いたものなので正直私の文章を読むより正確で情報量が多いです。

私はバイクや機械をよくいじるので有機溶剤にはどれほど助けられたか分かりませんが、有機溶剤についてはまたいずれ機会があればお話ししようかと思います。


最後に、有機溶剤を使用する場合はちゃんと喚起の良いところで手袋をはめ皮膚に付かないよう気を付けて使用してください。目に入った場合は流水で洗い直ぐに病院へ。
僕はムナゲマンという保健師の友人に胸毛をこすり付けられながら何度も強く言われました。約束を破ると胸毛がすごいゴリラが襲ってきます。マジで危険なので使用の際はお気を付けください。

↑このページのトップヘ