ーーーーーーーーーーーーーーー

【テンコの漫画とか】

テンコの作品をまとめていきます。 ツイッターでは書ききれない補足を添えて。

38-garake-

そうです、まだガラケー使ってます。安いんですよね。スマホってネットに繋がってるので便利なんですがバッテリーも減りやすく、通話しながら調べものできないので通話はガラケーに絞ってます。

しかし5Gの影響で今のガラケーも2022年にはもう使えなくなるので……このケータイとも時期お別れです。頑丈だし良いんですけどね。5Gのガラケー出してくれないんですかね。あまり需要無いと思いますが私は買いますよ。

ちなみに映ってるのはauです。アルバーノ・アファーレとかいうデザイナーズ携帯で、割とシンプルなオシャレケータイです。何もしなくても3日でバッテリー上がるほど使い込んで、先月頃バッテリー膨らんでもうダメになりました。今はもっと古いW52S使ってます。みなに笑われます。

町でガラケーユーザー見かけると「同士よ!」となるほど見かけなくなりました……古き良き文化、ガラケー。好きなんですけどねぇ……。

37-roofman



「屋鳴(やなり)」と呼ばれる怪異があります。
日本書紀にも記されている通り古くからある怪異で、日本では小鬼のような妖怪が家を走ったり揺すったりすると考えられています。ちなみに西洋では死者の霊によるポルターガイストとも呼ばれ、世界各地で発生している現象です。

この現象の原因は単純に寒暖差や湿度変化による軋みが原因なのですが、今回のアパートにおけるラップ音は配管によるものと推測されます。

アパートは上下水道や暖房の吸排気管が家中に張り巡らされているので、その管を伝って遠くの部屋の生活音が聞こえる事がよくあります。隣の部屋の音が上から聞こえたりするのは大抵この配管のせいと言われています。

あいちゃん家はキューブ状で、住人部屋が8つに区切られているのでどの部屋の音が四方から聞こえても不思議ではありません。本人は幽霊を信じているらしいので、音が聞こえるとギターを弾き歌を歌って音を相殺します。クラプトンが好きらしくLaylaをよく歌ってるそうです。

ポルターガイストと戦う為にバラードやブルースを演奏する意味は…良く分かりません。
そういう生き物です。

36-syujin



ボウズにしてから髪の毛切るのが面倒になってきました。かなり伸びてから一気に刈り上げるという手法を使っています。
最近バリカン買ったんですけど、よーし新しいバリカン届いたぞと開封してみるとパッケージに「髭剃り」と書いてありまして、まぁ髪の毛も切れなくはないその髭剃りで今は髪の毛を切っています。

冬のボウズは辛いです。風が吹いたら地獄です。
北海道は雪が降るので帽子を被っていない場合は直に頭皮に雪が積もります。その雪が短い髪の毛に刺さると通常よりも融解スピードが速いのでどんどん水になってビシャビシャになります。
そして帽子を被ると脱ぐ時髪の毛に刺さります。マジックテープみたいにグッッッと止まるんです。
そのお陰で突然帽子が脱げる様なことは起きないので良いんですけど……グッッって頭皮が引っ張られるのは妙な感覚です。

そんな感じで冬だけボウズにするまでの間隔が長くなります.

↑このページのトップヘ